建築・土木・設備関連資格 建築・土木・設備関連資格は快適な住空間の創造や提案など、有資格者は就職・転職に有利である。

建築・土木・設備関連資格

土地家屋調査士

土地家屋調査士は不動産登記に必要な土地または家屋に関する調査・測量、申請手続きなどを代行する。

建築士(1級、2級)

建築士は建築物の設計や工事監理等を行う。扱える建築物の規模等で一級・二級・木造の3種類。

土木施工管理技士(1級、2級)

土木施工管理技士は土木工事の現場監督として技術者たちを統括する施工管理担当者。

ボイラー技士

ボイラー技士はボイラーの取扱いや管理を行う専門技術者。ボイラーの規模などにより3段階ある。

電気工事士(1種、2種)

電気工事士は2種は住宅や店舗、1種はそれに加えてビル・工場などの電気設備の工事を行う。

危険物取扱者(甲種、乙種、丙種)

危険物取扱者は引火性・発火性のある物質等を扱う施設で、それらのi危険物取扱作業や立ち会いができる。

測量士・測量士補

測量士・測量士補は測量は土地利用・開発の際に必ず発生する作業なので測量の専門家として重要は高い。

CAD利用技術者試験

CADを利用した知識・スキルの明確化を目的として、一定水準に達している受験者に対して評価・認定を行う。